難しいこと

1時間弱書いたブログ用の文章が死ぬほどつまらなくて没にする。

基本的にブログの想定読者は自分自身なので、自分が楽しめればそれでいいやと思って普段文章を書いているんだけど、自分がつまらないと思うものはエゴにすらならないからな。

自分の文章を「面白い」と思うことは稀だけれど、「死ぬほどつまらない」と思うことも稀なので、少し驚いているというか、ショックだ。

じっくり腰を据えて取り組まないといけない題材に”落書き”みたいなノリで取り組んだら、ろくな結果にならないよな、ということを思う。

1時間で描ける絵のクオリティってたかが知れているけれど、それは文章も同じだってことをついつい忘れてしまう。

作業の手順や工程を見積もれていないってことなんだろうけれど、このブログって落書きみたいなノリでやっているからな。見積もりなんてしたことがない。

時間が無限に使えるならそれでもいいんだろうけどね。

時間を決めて文章を書こうと思ったら、その時間で書ききれる題材を選ばねばならん。

書きたい題材があるなら、書ききるまでに必要な時間を見積もらねばならん。

そんな話かな。堅苦しいこと考えたくはないんだけれど、仕方ない。

”楽しむ”って難しいなー。しんどいなー。

難しいから楽しいのかもしれないけどなー。

難しいことをできるようになりたいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました